海外旅行をする上で注意しなければならないのがロストバゲージです。
これは飛行機に乗る前に預けた荷物が行方不明になることで、
国内旅行の場合は殆ど発生しませんが海外旅行の場合は、
結構な頻度で発生します。

ロストバゲージしてしまうとその先の旅行計画が台無しになってしまうだけでなく、
旅行そのものが出来なくなる可能性さえあります。
ロストバゲージそのものは個人で100%防ぐことは出来ません、
出来るとすればカウンターで預けたときにしっかりとタグが付けられているか、
預けた荷物全てがしっかりと管理されている状態にあるかを確認するぐらいです。
あとはロストバゲージが発生したときに、いかに的確なカバンの情報を
調査官に伝えることが出来るかということです。

自分のカバンだという目印であったりカバンの特徴などを、
的確に伝えることが出来なければ何千、何万という荷物の中から
自分のものを探し出すのは時間が掛かってしまいます。
具体的にはネームタグを打ち付けたり、自分のマークを大きく記しておくなど
ユニークになるような情報を荷物につけるようにしましょう。

また、お金やアクセサリーなどの貴重品は必ず手元に置くようにして、
預ける荷物には入れないようにしましょう。
荷物を意図的に窃盗する犯罪もあります、そういったときにお金などを
入れていると受けるダメージが大きくなってしまうからです。