民泊とは民間人が自宅を簡易宿泊施設として提供するもので、
ある一定の条件を満たすことで宿泊施設としての届け出がなくても、
旅行者を宿泊させて収入を得ることが出来る仕組みを言います。

海外からの観光客増加に伴って、違法な民泊が急増していたり
トラブルに発展するなど問題を抱えるようになってきました。
そこで民泊の規制を緩和し違法かどうかの線引きを明確にして、
急増する観光客の受け入れ先として対処しようとしています。
特に大都市では宿泊施設が慢性的に不足していることから、
民泊が大きな需要を生み出し観光客誘致の促進につなげたい考えもあります。

民泊はホテルよりも安い値段で利用できることから、
利用者にとっては経済的なメリットがあります。
また、現地の人とのふれあいなども出来ることから海外では日本よりも
一般的になっていて人気の宿泊方法です。

ホテルにとっては民泊の緩和でダメージを受けるところもあるとは思いますが、
それでも現状のホテルは稼働率が非常に高い状態にあるので、
民泊が増えることによって観光客が増えて結果としてホテル需要を
掘り起こすことに繋がるのではと考えているようです。

つまり、民泊は民泊で頑張ってもらえればその分だけ観光客は増える。
増える中でホテルに泊まろうとする人も多くなるので、稼働率が高くなる。
という考え方です。
利用者からすれば、選択の幅が広がるので観光しようという気分になる人が
増加するのは間違いないでしょう。
問題はトラブル発生時にどこまで民泊で対応できるかという点です。