日本の観光地スポット 一覧

船で旅行する人が増えてきています、飛行機で移動すれば時間的の無駄はありませんが
あっという間に目的地に到着してしまって移動を楽しむにはちょっと無理があります。
でも船の場合はゆっくりと時間をかけて目的地に向かうので、大海原の絶景を堪能できます。

しかし船旅と言っても船には様々なタイプの部屋があり、グレードが高くなれば
眺めが良かったり受けられるサービスが充実していたりするわけです。
逆にグレードが低くなると海が全く見えない部屋になることもありますが、
船旅で海が見えないのは何も楽しみが無いですよね。
単にゆっくりと移動しているだけの部屋に閉じこもっているだけになるので、
楽しみというよりは苦痛に近いかもしれません。

海が見えないのだったら飛行機や電車で移動した方が余程いいんじゃないでしょうか。
その方が早いし、まだ景色も楽しめる気がしますね。
船旅で景色のいいところを選ぶためには、グレードをケチらないことが大事です。

もし部屋に空きがある場合は、追加料金を払うことで部屋のグレードを上げることも
可能なケースもありますので、部屋に不満がある場合はこういった解決法もあることを
知っておいた方が良いです。
あくまでもグレードによって部屋のタイプが決まることを知っておきましょう。
間違っても窓が無い、海が見えない!といってクレームをつけるのは止めましょう。

船での移動は料金が安い分だけ時間が掛かりますから、景色だけでも楽しみたい場合は
それなりの料金を出す必要があるでしょう。
京都鉄道博物館は元々は梅小路蒸気機関車館として親しまれてきた施設を、
2015年に閉館し内容を一新して2016年4月29日にオープンした国内最大級の鉄道博物館です。
53両もの車両を収納しており、鉄道好き以外の人でも楽しめる施設になっています。

梅小路蒸気機関車館で収蔵されていた車両はもちろん健在です。
特に一番の目玉は汽車が方向転換する際に使われるターンテーブルでしょう!
実際に車両が方向転換している風景は圧倒されてしまいます。

オープンした際には1400人もの人が入場し待ち時間もかなり出たようです。
現在も入場者は多数いる模様で人気コーナーでは待ち時間が出ているので、
事前に確認してから来場したほうがいいでしょう。

特にC62に乗れるのは子供も大喜び間違いなしで、ファミリー層にも人気です。
他には車両を真下から見れる施設があったり、中身がスケスケになっている自動改札機など
遊び心盛りだくさんになっています。

さらに施設屋上にあるスカイデッキからは東海道本線と、東海道新幹線が一望できるスポットで、
京都には高層ビルが少ないこともありかなり遠くまで見渡せる絶景となってます。

平日であれば比較的混雑を避けることが出来ますし、土日などの休みでも
時間帯を調整すればスイスイとお目当ての施設を回ることが出来るでしょう。
博物館内にはレストランもあり、ここでしか食べることのできない面白メニューになっています。
鉄道に興味がある方も、そうでない方にもオススメしたい博物館です。
黒い新幹線が登場するのを知ってますか?
現美新幹線という名前の新幹線で車体が真っ黒にデザインされているんです。
実際に乗るのは現時点ではできませんが、ゴールデンウィーク期間と
6月末までの土日のみの運行になるようです。
運行区間は新潟と越後湯沢間のみの限定車両となっていますので、
東海道などを走る予定はありません。

乗りたい場合は、4月29日~6月末で新潟-越後湯沢間で乗るしかありません。
1日に3往復しかありません、実際には「とき」という名前で登録されているので、
間違えないようにしましょう。
どうして現美新幹線と呼ばれているかというと、現代美術と新幹線がコラボして
デザインした車両だからだそうです。
速度は通常の新幹線よりも落としたゆっくり目の走行になるようです。

1号車~16号車まであり、11号車のみが指定席になるようです。
自由席が多いように見えますが、これはファンへの配慮と言ってもいいかもしれません。
実際に自由席の車両はかなり混雑するのではないかと予想されています。
12号車~16号車には、グッズや現代美術の美術品が飾られたりします。
13号車はカフェになる予定です。

外見が真っ黒なのでかなりとんがった感じの新幹線になっていますが、
内装は外見に比べるとシックな感じで現代美術を彷彿とさせる雰囲気があります。
今後もこのようなコラボ新幹線が作られるかもしれませんので、
まずは第1弾である現美新幹線で新潟旅行を楽しんでみてはいかがでしょうか。
国内で言ってみたい場所!!
と聞いたときに、沖縄は沖縄でも離島へ行きたいという人は多いのではないかと思います。

特に人気な離島は石垣島だそうです。
新石垣空港も出来て、さらに便利になりましたね。
絶景が眺められる観光スポットがたくさんあるということで人気の離島です。

宿泊するにしても高級リゾートから素泊まり出来る宿まですごく色々あります。
石垣島の観光マップ的なものを見るといろいろなところがあります。
けっこうぎっしりと書かれているので驚く方もいるかもしれませんね。

石垣島は八重山エリアになるんですが、
八重山エリアでもう一つ人気の離島が波照間島です。
日本最南端の島で、某漫画をきっかけに知ったという人も多い島ではないかと思います。
ここでは南十字星を見ることができます。

そして宮古エリアの宮古島も人気です。
この間テレビで見たんですが、車エビの養殖がすごいんですね。
おすすめはビーチです。
宮古島観光でビーチめぐりというのもお勧めです。

冬の旅行と言えば...
どこでしょうね?冬と言えば北海道?
寒い時期に寒いところへ行く...悪くはありませんよね。
食べ物もおいしそうですよね。

でもやっぱり国内だと沖縄が人気のようですね。
暖かいところへ行きたい...寒いからこそそうですよね。
四季を感じるということはちょっと難しいですが、
沖縄ならではの雰囲気を味わうのもいいですよね。
しかも、冬の沖縄はすごしやすいと思います。
夏行くよりはいいかもしれませんね。

あと福岡も人気のようですね。
福岡と言えば...屋台ですよね。
ラーメン食べたいという人は多いんじゃないかと思います。
福岡も話題の食べ物がたくさんありますから、
食べ歩きするにはすごく良さそうですね。

また冬なのでカニ目当ての旅行もいいですよね。
やっぱり王道は北海道ですかね。
たらばもそうですし、毛がにもありますしね。
また石川なんかでも越前ガニの季節ですよね。

バスツアー人気ですよね。
日帰りツアーは1日楽しめる内容となっていますし、
最近は若い女性の利用も増えていますよね。

この間テレビで南房総の道の駅が出ていたんですが、
そこにもバスツアー客が来ていましたね。

バスツアーは色々なところへ行くことができます。
運転する必要もないですし、飲んでもOKということで、
気軽に参加できますよね。
しかも、旬のものを感じることができますから、
1年中楽しむことができます。
しかも値段が手ごろ。
1万円あれば参加できるバスツアーは多いですよね。

特に今の時期は果物狩りなんかが人気ですね。
後相変わらず食べ放題バスツアーも人気があります。
特に海の幸が豊富なところは海産物目当てで行く人はすごく多いです。
やっぱりおいしいものを食べたいですしね。
すし食べ放題で8000円切るプランもあります。

高いな~と思うかどうかは微妙ですが、
2万円ほどのバスツアーだとかなり内容が充実しているようですね。
ミステリーバスツアーだとワクワク感もありますし楽しそうですね。



人気の国内旅行と言えば沖縄ではないでしょうか?
北海道か沖縄へ行きたいと思っている人は多いと思います。

もちろん国内ではありますが、ビーチでチョットしたリゾート気分を味わうことができます。
首里城はもちろんですし、世界遺産ももちろん人気のスポットです。
沖縄ならではの亜熱帯花々やマンクローブなどを見て回るのもお勧めです。
またアウトレットもあるので買い物を楽しむこともできます。
美ら海水族館も行っておきたいスポットですね。

沖縄でのホテルはどうせなら海を見渡せる所が良いと思います。
ビーチも近ければなおのこと良いのではないでしょうか?

沖縄での旅行の場合はレンタカーを使用すると便利だと思います。
自由に気ままにゆったりとした時間を過ごしながら沖縄を観光することができます。

また、沖縄に言ったら離島も楽しみたいですね。
沖縄に宿泊し、離島でも1泊はしたいところです。
どうせ行くなら満喫できるプランを練って行きましょう。




このページの上部へ