未分類 一覧

海外で開催しているイベントやコンサートのチケットを入手するのは
言語の問題もあって難しいと思っている人もいます。
しかし比較的苦労することなくチケットは入手できます、大きく分けると
入手方法は5つになります。

1.チケット流通サイトを利用
世界中のイベントチケットを販売しているサイトで、日本語に対応していて
気軽に購入することができます。
値段は正規の価格とそん色ないので効果になりすぎるようなダフ屋ではありません。
売り切れになっているチケットなども購入できることがあります。

2.パッケージツアーを利用

旅行代理店などでイベントに参加することを前提としたパッケージツアーに
申し込むことで入手できます。
チケットだけでなく航空券やホテルの手配まで出来るメリットがあります。
ただ、ツアーがないコンサートなどは入手できませんので制限付きと言えます。
また、値段は少し高めになることと自由行動も制限されるので、人によっては
デメリットと感じることもあるでしょう。

3.チケット代行業者を利用
少し料金が高くなりますが、チケットの手配を代行できるサービスがあります。
希望の座席などの融通がある程度きくなどのメリットがあります。
ただ、料金が高いだけでなく売り切れになっている場合は入手できなくなります。

4.オークションを利用
オークションを利用してチケットを入手する方法です。
オークションに出品されているチケットになるので、座席は選ぶことが出来ませんが
場合によっては安く入手できるケースもあります。
ただ、オークション形式なので高額での落札になったり、トラブルに巻き込まれる
といったデメリットもあります。

5.公式サイトを利用
主催者から直接入手する方法です、英語など語学力が無いと厳しくなりますが
料金が正規の値段になるなどのメリットがあります。
日本ではタトゥーは否定的な意見が多いです。
どうしても反社会的組織の人たちが刺青をしているというイメージがあるからで、
タトゥー=刺青という意識が根強いからです。

逆に外国では宗教的な意味があったり、ファッションの一部としてのタトゥーが
認知されているところがあるので、否定的な意見が少なかったりします。
これは国民性もあるとは思いますが、体に何かを施すことに対する意識の違いでしょう。

よく日本ではタトゥーに対して否定的だからグローバルな感覚がないとか、
排他的だとかいう意見がありますけどそれって暴論だと思うんですよ。
だって感情的な部分で受け付けないものを認めろって言われても、
それはちょっと無理だよってなりますから。

そこまで神経質にならなくてもいいじゃん?っていう人に対しては
デリカシーが無いとしか言いようがありません。
人がどんな感情になるかを察知できずに、自分は正しいと思ってるんだから
別に文句言われる筋合いはないって言うのはおかしい話です。

タトゥーをしてない人が圧倒的に多いなかで、タトゥーをしていれば目立つし
見たくないものを見せられる方が嫌悪感を抱いてしまうのは避けられないし、
嫌悪感を抱くことは悪いことではないでしょう。
日本はタトゥー文化を受け入れられない度量の狭い国民性だとかいうのは、
完全に日本の文化に対する冒涜だと思います。

日本には日本のルールがあるように、外国にもそれぞれルールがあるでしょう。
それは郷に入っては郷に従えということに通じると思います。
パックツアーなどで旅行している場合、ツアー料金の中に「チップ込み」と記載があれば
基本的にドライバーやホテルなどでチップを払う必要はありません。
ベッドメイキングなどに対してもチップは不要と考えて良いでしょう。
逆にツアーに「チップ込み」と記載がなければ払わなければいけません。

ただ自由時間に個人でレストランに行ったり、タクシーを使ったりした場合は
チップの支払は必要になりますので注意しましょう。
要はパックツアー代金としてどこまでチップが含まれているかです。
チップを払うべきかどうかわからない時はツアーに参加する前に確認するか、
添乗員に確認すると良いでしょう。

ダメなのは何も確認せずにツアー代金には含まれているんだからチップは払わないよ。
というスタンスでいることです。
ツアーであってもサービスを受けてチップを要求されることもありますから、
そこで「?払わないよ」みたいな感じになると問題になります。

日本ではチップを払う習慣がないのでピンとこないかもしれませんが、
現地で働いている人からすればチップは収入の一部として考えられているので、
軽く考えていると痛い目を見ることになります。

どこまで払うべきか、払わなくてもいいのかはしっかりと確認しておきましょう。
また、行先によってもチップの習慣が異なることもありますから、そういった点についても
しっかり確認し楽しく旅行出来るようにしてください。
電車で旅行をする時には必ずと言っていいほど駅弁を購入します。
旅行でなくても新幹線の改札の前を通ったりすれば、駅弁が目に入るので
時間によっては購入しちゃったりってこともあります。
ただ、JRの駅弁ってどれもこれも高いんですよね。
普通のお弁当に比べると1割~2割ほどは高くなっている印象です。
ものによってはお弁当なのに1000円以上出さないと買えないものもあるし、
食材だってそんなに高級なものを使ってるわけでもないのに高かったりします。

もう少し安くならないものなのかと思いますが、駅弁というネームバリューで
価格が少々高くても売れるという点が問題になっているようです。
中には高級食材を使っていて、ここでしか食べられません!みたいなものもあって
値段はますます高くなってしまってます。
ある種のグルメ的な位置づけになっているので、値段が普通よりも高いのでしょう。
そういったものを求めていない人にとっては、単純に高いだけで
何も嬉しくないわけです。

特にビジネスマンが新幹線などで移動する際に購入する駅弁などは、
空腹さえ満たすことが出来れば問題ないわけですから、美味しいに越したことは
無いですが無駄に高いものを購入する必要もありません。
ぶっちゃけるとコンビニ弁当でも十分なんですよ。
よく百貨店などが駅弁フェアーとかやってますけど、アレって完全な客寄せでしょ。
値段だって安くなってるわけでもないしね。
もう少し安くするべきだと思いますね、そもそもお弁当なんだからさ。
海外旅行 懸賞ってあるじゃないですか。
あれって当たったらどういう手続きになるんでしょうかね?
懸賞旅行なので日程とか全て決められた状態からのスタートで、
それを承知の上で応募することになりますけど
当たらなくてもいいやって言う程度で応募して、仮に当たってしまったら
行くことになりますけど予定が合わなかったら辞退とかできるんでしょうか。
すごく気になりますよね。

個人的に当たるかどうか分からないというのもありますけど、
懸賞というものに応募したことがないので実際にどうなんでしょうか。
どっちかっていうと旅行そのものの懸賞よりは、
旅行券などの金券の懸賞が有難いと思ってしまいますね。
それだと比較的自由に日程が組めたりしますし、
当たったのに行けないなんていうこともなさそうですから。

でも、もし海外旅行の懸賞に当たったとしたら、
何があっても仕事の都合を付けて会社休んででも行くでしょうね。
だって個人的な持ち出しもあるとは思いますけど、
そういう機会がないと海外旅行って中々行けないものですから。
どうしても仕事の都合がつかない場合は、仕方なく諦めることになりそうですけど
それだとすごく後悔しそうですよね。
ちょっと試しに懸賞探して応募してみようかなぁ
修学旅行とか慰安旅行とか団体旅行っていつから有るんですかね?
それはこうどけいざいせいちょうのころだそうです。
1886年にはい間の修学旅行の元?となったものがあったそうです。
東京師範学校の長途遠足がそうなんだそうですが、東京から銚子へ行軍したそうです。
これって修学旅行なのか?って感じですし、
遠足にしても、過酷すぎますよね。
これが修学旅行の本当のルーツなのかな~??
と正直思ってしまうところなんですが・・・。

昔はやっぱり温泉地が人気だったそうです。
巨大な温泉旅館が立ち並ぶ温泉街も同時に形成されていったそうです。

今のような個人旅行が活発になったのは1970年代だそうです。
意外といえば意外ですかね??
この年代の後半ですかね?
飛行機も大衆化したそうで、遠距離の旅行も可能となりました。
北海道、沖縄旅行が比較的身近になったのはこの頃のようですね。

高速道路が延びると自分の車で旅行する人も増えたみたいですね。
旅行の進化っていうのはやっぱり交通の便によって変化しているようですね。

GWの旅行どうする?

もう4月なんですよね・・・
お花見旅行をまさに今楽しんでいるという人もいるかもしれませんね。
お花見。。。今は京都奈良が楽しいですかね?
すごく混むという話なんですが、今だけと考えると、
やっぱり桜がきれいなときに行っておきたいというのがあるかもしれませんね。

そういえば河口湖でしたっけ??
桜が切られているとか何とか・・・。
富士山がきれいに見れるように・・・?
でも伐採した後の木って見ていて結構みすぼらしいというか何というか・・・
富士山の景観重視するならそこらへんも考えたほうが良いですよね・・・。

さて桜の時期が過ぎればあっという間にGWとなります。
もうすでに予約したという人もいるかもしれませんね。
今年はLCCでいく国内旅行ツアーが増えていますがどうなんですかね?
やっぱり海外のほうが人気あるんでしょうか?
傾向はどうなるのか?
気になるところですが、以外にも国内旅行人気があるみたいですね。

どちらにしても早めに決めないといけませんね。
燃油サーチャージ・・・かなり定着しているとは思いますが、
燃油サーチャージは原油高騰で航空券代金だけで賄っていたはずの燃料代を、
航空券代金に別途徴収することで設定されました。
なんてことだ...と思ってしまいますよね。
それまでは、航空券代に含まれていたわけですし、燃料代を負担しているということになりますしね。
最初は航空券と別途請求が来るので、なんでこんなに高いんだ...なんて思ってしまったことがあるという人もいたかもしれません。

燃油サーチャージは航空燃料の相場に合わせて設定されています。
金額はもちろん変動しますが、多くの航空会社が2カ月に1回ペースで見直しているそうです。
結構細かく見直しているんですね。

この燃油サーチャージですが、経路で変わるのはまぁ理解できると思います。
距離が長いほど高くなるのは仕方ない感じがしますよね。
でも、航空会社にもよるんですよね。
なぜ一律じゃないんだ...と思ってしまいますがそうなんですよ。
乗り継ぎでも変わってきたりしますし、利用する経路でも結構違うんですよね。
目的地は同じでも、直行便と直行便でない場合とでも変わってきます。
また航空券代が直行便のほうが高くても、税金などあらゆることをトータルすると...
みたいなこともあるんで、結構計算するのが面倒臭いんですよね。

エクスペディアで旅行の予約をするのであれば持っていたほうが断然お得なのが、

エクスペディア クーポンです。

エクスペディア クーポンはどこにあるのか・。



まず公式サイトですね。

サイト内にわかりやすくクーポンがある場合があります。

その際に持っているとすごくありがたい存在がフェイスブックのIDです。

これがあるとさらにお得なクーポンを入手することができる時があります。



さらにメルマガもそうですね。

初めて旅行の予約をするという人はメルマガ登録をしたほうが良いです。

初回クーポンをもらうことができます。



また、エクスペディアのサイトではないところでも、

クーポンがある場合があります。

新聞などの場合もありますし、他の企業のサイト内にあることもあります。



さらにクーポンを探したい場合にはエクスペディア クーポンをまとめているサイトが便利です。

どんなふうにクーポンが存在しているのか知ることができますし、

その時に使えるクーポンがあったりしますからお勧めです。




海外旅行の安全対策は、どこへ行くのかで変わると思います。
ですから行く国ではどんな安全対策が必要か事前に調べておくと良いかもしれませんね。

どこの国でも基本になるのは貴重品の管理に関してです。
必要以上の現金は持ち歩かないというのもそうかもしれませんが、
とにかく肌身離さないことが大事です。
中には、あえてかばんには貴重品を入れないで、首から下げられるものに、入れておいて、
さらに洋服の下に入れてしまうという人もいます。
確かに確実かもしれませんよね。

最も人気の海外旅行先と言われるハワイは治安が良いです。
ですから安全対策に関してあまり意識しない人もいると思います。
でも全くないというわけではありません。
もしかしたら...ということもあるので、貴重品だけはしっかりと管理しておくべきですね。

また案外ひったくりなんかもあったりするようです。
こういったこともあるので、手持ちのバッグではなく、
肩から下げられるものなどのほうが良いかもしれませんね。


このページの上部へ