修学旅行とか慰安旅行とか団体旅行っていつから有るんですかね?
それはこうどけいざいせいちょうのころだそうです。
1886年にはい間の修学旅行の元?となったものがあったそうです。
東京師範学校の長途遠足がそうなんだそうですが、東京から銚子へ行軍したそうです。
これって修学旅行なのか?って感じですし、
遠足にしても、過酷すぎますよね。
これが修学旅行の本当のルーツなのかな~??
と正直思ってしまうところなんですが・・・。

昔はやっぱり温泉地が人気だったそうです。
巨大な温泉旅館が立ち並ぶ温泉街も同時に形成されていったそうです。

今のような個人旅行が活発になったのは1970年代だそうです。
意外といえば意外ですかね??
この年代の後半ですかね?
飛行機も大衆化したそうで、遠距離の旅行も可能となりました。
北海道、沖縄旅行が比較的身近になったのはこの頃のようですね。

高速道路が延びると自分の車で旅行する人も増えたみたいですね。
旅行の進化っていうのはやっぱり交通の便によって変化しているようですね。