日本の銀行が発行しているキャッシュカードが、
旅行先の海外で使用できれば非常に便利なことです。
しかし大手銀行は海外対応のキャッシュカードの発行を辞めたため、
キャッシュカードとして使用することはできません。

その代わりになるのが、デビットカードです。
ネット銀行が発行しているキャッシュカードには、デビット機能付きの
モノが多いため、1枚で国内国外で使用できます。

ただこれはキャッシュカードとして使用しているわけではなく、
VISAのデビット機能で現金の引き出しを行ったり、
ショッピング時の支払に使っている形となります。

デビット機能なので現金を引き出せば、即時に銀行口座から
引き落とされるので結果としてキャッシュカードを使用したのと
同じ状態となります。

ですから、VISAデビットのついているキャッシュカードや、
キャッシュカードとは別のデビットカードがあれば海外でも使えます。
なお、デビットカードを使うためには、口座開設が欠かせません
口座開設が無理、または面倒だという場合はプリペイドカードを
使うという選択肢もあります。

また、デビットカードは利用限度額を設定しておきましょう。
万が一、盗難にあっても限度額を設定しておけば限度額以上に
被害が広がることはありません。

現在の海外旅行は現金を持ち歩かずに、カードで支払うのが
一般的になりつつあります。
このことはリスクを減らすという意味で効果が高い反面、
限度額設定をしていないことで起こるリスクもあるのです。