旅行先で使えるウラ技 一覧

海外に日本人が旅行すると、よく「ぼったくられる」と言います。
これは本当なのでしょうか?
実際に海外へ旅行してみるとすぐにわかります。
答えとしては「ぼったくられる」です。

モノにもよりますが、日本人だとわかると吹っかけてきます。
それは地域によらず欧米であろうがアジア圏であろうが同じです、
日本人だというだけで2倍の料金を請求されるなどがあります。
特に被害に遭いやすいのがタクシーの料金ですね。
あとは、観光地での写真撮影などもぼったくりが横行しています。

タクシーなどは到着してから料金を払うことになるので、
到着してみないと料金がわからないという面もぼったくりの
原因になっているのでしょう。
あとは揉め事になるのを嫌がる日本人の気質を分かっていて、
払えばこの場が収まると思わせる点も原因といえます。

ぼったくり被害に遭わないためには、自分でしっかりと調べて
注意深く行動する必要があります。
日本ではぼったくりなど日常生活ではありえないので、
全く意識していないと思いますが、同じ感覚で海外旅行をすると
酷い目に遭ってしまいますので注意しましょう。
面倒かもしれませんが、被害に遭いそうになったら
現地の警察などに相談してみるとよいでしょう。
しかし、警察も相手にしてくれない場合もありますので要注意です。
兎に角日本とは全く違うんだという意識を持つことが大事です。
......海外旅行に行って、現地の人と友達になる
というなら異文化交流という意味で納得できるのですが
なぜ日本人と友達になる必要があるのか......?

という、疑問はさておいて。
海外旅行先で日本人と友達になりたいなら
やっぱり話しかけることが大事ですね。

ツアーに参加しているような人はダメです。
時間に追われて行動しているので、友情を育んでいる時間はありません。
一人旅で時間に余裕がある長期滞在者を探さなくてはいけません。
長期滞在者なら、一緒に観光名所を巡ったり、地元の名産品を食べながら
会話を楽しんで仲良くなるチャンスがあります。

観光名所でガイドブックを広げて悩んでいる日本人がいたら話かけてみましょう。
また日本人を見かけたら○○への行き方分かりますか?と聞きましょう。
話の流れで「一緒に行きませんか」となるかもしれません。

長期滞在中の日本人は日本語での会話に飢えていることが多いです。
現地の人とはなかなか言葉の壁があって交流が難しくても
日本語を聞くとほっとしますね。

とりあえず仲良くなったらSNSの連絡先を交換しましょう。
Facebook、Twitter、LINEは入れておくのが鉄則です。

変圧器は海外で電気製品を安全に使用するために必要です。
というのも、日本の電圧は100V。
全ての家電製品は100Vで動くように出来ています。
特に海外旅行に持ち出すのがデジカメ、ドライヤー、ヘアアイロン、電気シェーバー
ノートパソコン、携帯電話、タブレットなどでしょうか。
これらを利用するための電源も当然100Vです。

しかしこれは日本独自の企画。
ほとんどの海外の電圧は110Vから240Vとなっています。
勿論コンセントを繋げることができれば、使えないこともないのですが
高い負荷が掛かることによって故障してしまったり
耐えきれずに発火してしまうケースもあります。

このため、海外の高電圧環境でも持ち込んだ電化製品が
安全に使えるように必要となるのが海外旅行用変圧器なのです。

しかし最近では日本の電化製品も海外旅行のときに変圧器を使わなくても良いように
100~240Vに対応しているものが多いです。
携帯の充電器も100~240V対応が増えていますしデジカメもそうです。

まず購入前に自分の持っている、持ち込もうとしてる電化製品が
何Vに対応しているのかを調べましょう。
新しい製品の場合は対応していることが多いです。
もし対応しているのであれば海外旅行用変圧器を購入しなくても
変換プラグだけで手に入るので安上がりです。
海外旅行をする上で注意しなければならないのがロストバゲージです。
これは飛行機に乗る前に預けた荷物が行方不明になることで、
国内旅行の場合は殆ど発生しませんが海外旅行の場合は、
結構な頻度で発生します。

ロストバゲージしてしまうとその先の旅行計画が台無しになってしまうだけでなく、
旅行そのものが出来なくなる可能性さえあります。
ロストバゲージそのものは個人で100%防ぐことは出来ません、
出来るとすればカウンターで預けたときにしっかりとタグが付けられているか、
預けた荷物全てがしっかりと管理されている状態にあるかを確認するぐらいです。
あとはロストバゲージが発生したときに、いかに的確なカバンの情報を
調査官に伝えることが出来るかということです。

自分のカバンだという目印であったりカバンの特徴などを、
的確に伝えることが出来なければ何千、何万という荷物の中から
自分のものを探し出すのは時間が掛かってしまいます。
具体的にはネームタグを打ち付けたり、自分のマークを大きく記しておくなど
ユニークになるような情報を荷物につけるようにしましょう。

また、お金やアクセサリーなどの貴重品は必ず手元に置くようにして、
預ける荷物には入れないようにしましょう。
荷物を意図的に窃盗する犯罪もあります、そういったときにお金などを
入れていると受けるダメージが大きくなってしまうからです。

エクスペディアというと海外旅行が思いつく人も多いと思いますが、国内旅行もかなりお得なのです。

『国内人気都市5日間限定セール』ではホテルが最大75%OFF!!日本全国なので、北海道から沖縄のホテルまでそろっています。東京・大阪・京都・福岡・札幌・沖縄などなど・・・

行きたいエリアが決まっていれば、その中からお得なホテルを探せるし、行きたいエリアが決まっていないのであれば、泊まってみたいお得なホテルからエリア決定をしてみてはどうでしょう。


ちなみにエクスペディアのオススメホテルは・・・
『ベストウェスタンー那覇イン沖縄』このホテル、驚きの75%OFFです!!そんなオトクなホテルは少ないんじゃないの?って思うかもしれませんが、50%OFFや60%OFFは当たり前。2人で行っても、ホテルは1人分♪

さらに割引したいなら割引クーポンを利用しましょう。今使えるEXPEDIAのクーポン情報はこちらから

国内旅行は高いから~とか、人気都市は高いから~なんて思っているならこれからはエクスペディアでチェック!

飛行機や電車を使わない旅行なら、お得なホテルさえ見つけたら後は美味しい食べ物三昧の旅行など自由プランを楽しむことができます。

オトクになった分、食事やお土産などで贅沢をしちゃいましょう!

イタリアのパスタやスペインのパエリア。
旅行の楽しみの一つが現地のおいしい料理に舌鼓を打つ。
これが旅行の醍醐味でもあります。

しかし、激安で行くツアーでは料理に期待できません。
全食事付きツアーの場合は何回か食事をキャンセルして
自分でおいしいものを食べに行くのがオススメです。
料金は戻りませんが、せっかく海外へ行くのですから
おいしくないものを我慢して食べる必要はないでしょう。
ランチなら高級店でも手ごろな価格で食事ができます。

また夕食時なら通常のメニューから追加注文をすることも可能です。
夕食には時間が多めに配分されているので特に問題はありません。

地元のおいしい料理が食べたいなら、
旅行の確認の電話が来た段階で添乗員さんに伝えておくと良いでしょう。
ただし、宿泊先が一流ホテルの場合は
翌日の食事が充実しているので食べ過ぎにならないように注意しましょう。
【成田エクスプレス】
横浜から片道4180円、新宿、池袋から片道3110円ですが
「N'EXクーポン」なら片道2400円で乗れます。
JR東日本のびゅうプラザ、旅行会社などで前日までに購入しましょう。

【京成スカイライナー】
日暮里から成田まで最速36分で2400円。
途中駅にも停まるシティライナーなら1920円です。

【リムジンバス】
東京シティエアターミナルー成田は2900円。
横浜横浜シティエアターミナルー成田は3500円。
25歳以下、または65歳以上の場合は片道2000円の格安チケット有。
東京シャトルなら東京駅―成田が1000円。

【リムジンバス&メトロバス】
新宿、池袋、渋谷などの都内出発駅から成田までは3000円。
3100円で東京メトロ1日乗り放題チケット付き。
乗り放題チケットは帰国後でも使用可能。

【自家用車】
成田周辺のホテル二前泊すれば1週間程度の駐車料金が
無料になることが多いです。
旅行に行くと決めたら数ヶ月前から準備を始めましょう。
まず、用意するのが、そろそろ捨て頃だなと思われる洋服や肌着。
これらをスーツケースの中に入れましょう。

寝巻き用に首の伸びたTシャツやゴムのゆるんだスウェットなど
日本で捨てずに現地での最後の奉公をしてもらいましょう。

シャンプーやリンスも、使いかけを持っていって現地で捨てます。
歯磨きも新品ではなく、捨てる1歩手前のものを残していて捨てます。

コンビニなどのお弁当についてくる醤油やマヨネーズ、割り箸も
取っておくと便利です。
現地で捨てられるものは、旅行用としてストックしておきましょう。

そして、焼酎などのアルコールも小さいペットボトルに
移し変えて持っていけば持ち込むことができます。
現地でも手軽に晩酌が楽しめます。
真夏に旅行するのでなければ
基本的に防寒対策はしっかりしておきたいものです。
「まぁ寒くないだろう」と思っていると大失敗することがあります。

世界の気候はインターネットでも調べることができます。
寒いのか暑いのか分からないときは
薄手の防寒具を持参するのがベターです。
ツアー旅行の場合は気軽に現地調達できないこともありますから
薄手のを忍ばせておくと良いでしょう。

おすすめなのはユニクロから販売されている
ヒートテックのイージーエクササイズシリーズです。
生地は薄いので、丸めてスーツケースの隅っこに入れられます。

伸縮性が高く、着るととても暖かく過ごせます。
とても寒い日には2枚重ねて切ると防寒対策はばっちりです。
すぐに乾くので、寝る前にさっとすすいでおけば
翌朝には乾いているので重宝します。
多くのツアー会社では旅行の3日前になると
添乗員からの挨拶の電話が掛かってきます。
この電話で「仕事ができる添乗員」かどうかを見極めましょう。

まず、聞きたいのが直前の最終参加人数です。
また現地ガイドやポーターの有無などです。

そして知りたいのが添乗員さんの語学力です。
「イタリア語を話せるんですか?」と聞くと角が立ちます。
そこで「イタリア人の英語はなまっているので聞き取りにくいですよね」と
さりげない世間話を装って尋ねてみるのです。

すると「聞き取りにくいですね」や「イタリア語が少し話せるので」と
答えてくれるはずです。
聞き取りにくいということは英語しか話せないということですし
イタリア語が少し話せるのは心強いですね。

経験の少ない添乗員が良くないわけではありませんが
経験のある添乗員の方が頼りになるのは確かですから
添乗員の実力を見極めてみましょう。

このページの上部へ