船旅ではドレスコードが必要なケースが多くあります。
港に寄港している時や日中はカジュアルな服装でも全く問題ないのですが、
夕食以降の時間帯はドレスコードを設定しているケースが多いです。

ドレスコードは3つのタイプがあり、カジュアル、インフォーマル、フォーマルがあります。
単純にフォーマルと言っても、船会社のレベルや海域、季節によっても
異なってくるようです。
一般的に、それぞれのドレスコードで必要な服装は以下のようになります。

・カジュアル
ふだん着の中でもちょっとおしゃれなものを用意しましょう。
襟付きのシャツ、スラックスなどです。
女性はブラウス、スカート、スラックスなどが理想的で、短パン、Tシャツ、スニーカー、
デニムなどは不可と思っていいでしょう。

・インフォーマル
男性はジャケットにネクタイ、女性はワンピースもしくはパンツスーツとなります。
船会社によってはスマートカジュアル、エレガントカジュアルと呼ぶこともあります。
スーツとまでは行きませんが、スーツ様であればまず問題ないでしょう。

・フォーマル
男性はタキシード、ダークスーツになります。
女性はイブニングドレス、カクテルドレスなどが一般的になるようです。
和服でもかまいませんが、訪問着にしなければなりません。

ドレスコードについては、船会社によって違いますから事前に確認しておきましょう。
どの時間帯にどういったドレスコードになるか、前もって確認しておくのは
船旅をする上でのマナーとなります。