海外に日本人が旅行すると、よく「ぼったくられる」と言います。
これは本当なのでしょうか?
実際に海外へ旅行してみるとすぐにわかります。
答えとしては「ぼったくられる」です。

モノにもよりますが、日本人だとわかると吹っかけてきます。
それは地域によらず欧米であろうがアジア圏であろうが同じです、
日本人だというだけで2倍の料金を請求されるなどがあります。
特に被害に遭いやすいのがタクシーの料金ですね。
あとは、観光地での写真撮影などもぼったくりが横行しています。

タクシーなどは到着してから料金を払うことになるので、
到着してみないと料金がわからないという面もぼったくりの
原因になっているのでしょう。
あとは揉め事になるのを嫌がる日本人の気質を分かっていて、
払えばこの場が収まると思わせる点も原因といえます。

ぼったくり被害に遭わないためには、自分でしっかりと調べて
注意深く行動する必要があります。
日本ではぼったくりなど日常生活ではありえないので、
全く意識していないと思いますが、同じ感覚で海外旅行をすると
酷い目に遭ってしまいますので注意しましょう。
面倒かもしれませんが、被害に遭いそうになったら
現地の警察などに相談してみるとよいでしょう。
しかし、警察も相手にしてくれない場合もありますので要注意です。
兎に角日本とは全く違うんだという意識を持つことが大事です。